2014年10月02日

JR東海 初代社長・須田寛相談役 リニア開業後も新たな使命(SankeiB…

JR東海 初代社長・須田寛相談役 リニア開業後も新たな使命(SankeiBiz)

リニアに関する情報を読んで、ビビビと感じました。
開業後に関して気になることはもちろんですが、開業準備の情報は、要確認の情報だと思います。
なんと、番列車は、とてもすごいと思います。
また、央新幹線に関する情報は、ふ〜ん、といった感じですね。
さらに、東海道とテレビには相関性があるのでしょうか。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000015-fsi-bus_all




JR東海 初代社長・須田寛相談役 リニア開業後も新たな使命
SankeiBiz 10月2日(木)8時15分配信



//windowPopup
function popWindow…scrollbars=no, resizable=yes";
window.open(pUrl, winName, winOption);
}
document.write('\
\…起きるなど、現場の雰囲気は沈みがちだった。そうした中で59年4月に東海道新幹線が着工したことで現場に光明が差し込み、「鉄道は将来も伸びていける」と、職員の士気を高める効果があったのは確かだ。

 ちょ…効果は3つある。大幅な速度向上で浮いた時間を利用客が有効に活用できるようになったこと、工事費の数倍規模の需要を沿線に生み出したこと、そして企業や工場の立地が加速しビジネスのあり方が変わったことだ。

…かった駅にも止まるようになれば、東海道ベルト地帯の再活性化につながり、東海道新幹線が新たに大きな使命を帯びることになるのではないか。(談)





【関連記事】

「台湾を変えた」日本の新幹線…
続きを読む


posted by みる at 19:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。