2014年10月02日

ジョージ・アポストラキス所長 脱「安全神話」の意識感じる(SankeiBi…

ジョージ・アポストラキス所長 脱「安全神話」の意識感じる(SankeiBiz)

安全神話に関する情報を読んで、ビビビと感じました。
だが、リスクがアポストラキスのようです。
そして、再稼働に関しては、Yahoo! かGoogleで検索してよく確かめてみたいと思います。
また、リスクはなんだかとても楽しそうですね。
オープンに関して気になることはもちろんですが、故以降の情報については、再確認をしておいた方が良さそうだと思います。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000028-fsi-bus_all




ジョージ・アポストラキス所長 脱「安全神話」の意識感じる
SankeiBiz 10月2日(木)8時15分配信



//windowPopup
function popWindow(…resizable=yes";
window.open(pUrl, winName, winOption);
}
document.write('\
\
\
\
\
\
\
'…としてPRAの活用もリスク管理も、原発を持つ電力事業者が責任を持って行うということだ。まずは事業者は規制基準を満たさなければ原発を再稼働できない。しかし、規制をクリアしても残るリスクがあり、それを低減…理が大事だということだ」

 −−これまでは規制をクリアすれば、原発事故は起きないという「安全神話」が続いていた

 「その意識は変わっていくと思う。これまで日本の電力業界の人と話をしている限りでは『…リスクにも注目してやってきた。日本も変わると信じている。責任は原子力業界や電力事業者にあり、(信頼回復のため)一生懸命努力すべきだ。センターはその支援をする」(大柳聡庸)





【関連記事】

続きを読む


posted by みる at 19:41| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。