2014年10月02日

電中研 「原子力リスク研究センター」設立 業界自ら原発の危険性分析(San…

電中研 「原子力リスク研究センター」設立 業界自ら原発の危険性分析(SankeiBiz)

センターの話題は、非常に興味があります。まさに、待っていました!という感じです。
さらに気になったのですが、果たしてニュースと危険性には相関性があるのでしょうか。
しかし、電力会社に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
しかしながら、新規制基準について、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。マサチューセッツについても同様に。
気になったところから言いますと、前委員の話題を見ると、思わず笑ってしまいます。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000018-fsi-bus_all




電中研 「原子力リスク研究センター」設立 業界自ら原発の危険性分析
SankeiBiz 10月2日(木)8時15分配信



//windowPopup
function popWi… height=456, location=no, menubar=no, toolbar=no, scrollbars=no, resizable=yes";
window.open(pU…央研究所(電中研)は1日、原子力発電所事故の危険性などを研究する「原子力リスク研究センター」を設立した。原発事故の確率や、その影響を数値で示す「確率論的リスク評価(PRA)」と呼ばれる手法を使って、電…し、各原発の安全性を評価する。原子力規制委員会の新規制基準に電力業界独自の取り組みを加え、安全性を高める。

 所長にはPRAに詳しい米マサチューセッツ工科大学(MIT)名誉教授のジョージ・アポストラ…と判断した」と、所長に起用した理由を説明した。





【関連記事】

トヨタが燃料電池車に情熱を注ぐワケ 頑張れば頑張るほど良いものになる
厄介で使えない“バブル社員” 評論家気取り、プ…
続きを読む


posted by みる at 19:40| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。