2014年10月02日

電力9社、今冬の需給対策 予備率確保も火力リスク懸念(SankeiBiz)

電力9社、今冬の需給対策 予備率確保も火力リスク懸念(SankeiBiz)

ニュースに関する話題を最近よく見かけますね。
また気になったこととしては、火力発電は、最大需要に対してどのような関係性があるというのでしょうか。
しかし実は、水力発電に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
さらに気になったのですが、トラブルとテレビには相関性があるのでしょうか。
いかにも、関西電力はとても面白そうですね。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141001-00000016-fsi-bus_all




電力9社、今冬の需給対策 予備率確保も火力リスク懸念
SankeiBiz 10月2日(木)8時15分配信



//windowPopup
function popWindow(pU…pUrl, winName, winOption);
}
document.write('\
\
\
\
\
\
\
');






 経済産業省は1日、今冬の電力需給対策…標が見送られる可能性はあるものの、頼みとする火力発電でトラブルが発生した場合の影響など懸念はぬぐえない。

 北海道電は、本州からの電力融通に制限がある中、火力発電所の定期点検を繰り延べるほか、水力発…道電が政府に申請中の電気料金の再値上げによる需要抑制効果を織り込んだ場合、予備率が15.7%にまで高まるとの試算も示されたが、過度な節電は利用者の生命の危機につながりかねない。

 北海道電の担当者は…は、原子力規制委員会の審査が優先的に進み、全国の原発で最も早い再稼働が見込まれる川内原発1、2号機(鹿児島県、計178万キロワット)を供給力に織り込めば、予備率を10%以上確保できると試算するが、再稼…
続きを読む


posted by みる at 19:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。