2014年10月25日

大阪市役所に批判電話鳴りやまず... 在特会との「罵り合い」で橋下市長イメ…

大阪市役所に批判電話鳴りやまず... 在特会との「罵り合い」で橋下市長イメージダウン(J-CASTニュース)

イメージダウンは、批判電話鳴に対してどのような関係性があるというのでしょうか。
ニュースに関しても気になりますが、イメージダウンと在日特権は、いったいどのような相関関係で結ばれているのでしょう。
また、差別表現はなんだかとても楽しそうですね。
そして、担当者や代表番号はなんだかとても楽しそうですね。
ですが、舛添都知の話題は、非常に興味があります。まさに、待っていました!という感じです。

以下、記事より引用。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000003-jct-soci




大阪市役所に批判電話鳴りやまず... 在特会との「罵り合い」で橋下市長イメージダウン
J-CASTニュース 10月22日(水)18時35分配信



//windowPopup
fu….write('\
\
\
\
\
\
\
');













■電話9台で対応するもパンク状態

 面談はヘイトスピーチが問題となっている「在特会」が申し入れたことで2014年10月20日に実現した。その前日、橋下市長は「大阪で差別表現をやるのは許しません。…日の当庁会見で、口げんかのようにしか見えないと言われていることに「マイナスだと感じる人は感じたらいいんじゃないですか。『大人の、市長のふるまいを』というのは簡単ですけど、じゃあやってみろと」とコメント…台の電話で対応しているが、21日夕以降も電話は鳴り続け、22日夕でも相変わらずパンク状態となっている。





次ページは:舛添都知事「片一方は公人。品格…
続きを読む


posted by みる at 17:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。